NBAPLAYBOOK.COMの記事から

1
  • gosp
    2011-06-02 14:36:24



シーズンも終わってしまい、サンダーに関して書く事が無くなってきました。もともと今期のプレーオフの応援のために期間限定で立ち上げたのでそれでいいのだと思っていますが、これまでに書きかけたものの時間がなくてまとめきれなかった記事が残っていますので、そのうちのいくつかについて順次紹介していきたいと思います。

ロイスなども取り上げていましたが、ダラスとの第3戦の敗戦のあと、NBAPLAYBOOK.COMのSebastian Pruiti(おそらくプルイティと発音するのだと思います)の書いた記事が話題になっていました。結構色んなサイトで取り上げられていたので、既に読まれた方もいらっしゃるかもしれません。内容について簡単な説明もつけましたので参考にしてください。

Oklahoma City’s Offense And The Lack Of Creativity/Movement by Sebastian Pruiti

以前からウエストブルックが一人でボールを持ちすぎて、オフェンスが機能していないといったことが良く言われていましたが、プルイティは彼よりもブルックスヘッドコーチたちの責任が大きいとしています。それらの理由をYouTubeにアップしたダラスとの第3戦のビデオを分析しながら説明しているというのがこの記事の概要です。

記事のタイトルでも見て取れますが、プルイティはサンダーのオフェンスに欠けているもの、それはムーブメントとクリエイティビティだとしています。確かにデュラントにしてもウエストブルックにしても、個人の能力がずば抜けているので、その個人技に頼ったプレーが多いのは確かです。しかし、プレーオフなどでは相手チームもそれに特化したディフェンスをひいてきますから、他の選手達のヘルプ(スクリーンやスペーシング)がないと効果的な攻撃はできませんし、他の選手にボールが渡される心配がないとわかれば、ディフェンスはボールを持った選手だけに集中すればいいので非常に守りやすくなります。プルイティの記事の最初の4つのビデオはその例です。

① 周りの選手達が棒立ちしている上に、最後のハーデンへのパスもハーデンが切り込んでくる心配がないので、マリオンは安心してスティールにいっている。


② デュラントのかけた最初のスクリーンが失敗。そのあとパーキンスとのスクリーンもかけられないと、周りは棒立ちで、仕方なくウエストブルックはジャンプショットを選択、外してしまう。


③ ここでも最初のトップでのスクリーンがうまくいかないと、みなあとは棒立ち。デュラントにパスを出すも遠すぎるため、エルボーあたりまでしか切り込む事ができない。


④ デュラントが切り込もうとしているところへ、セフォローシャが飛び込んでスペースをつぶしてしまっている。


これらはオフェンス全体としてどう動かしていくかというコーチからのインプットがなく、個々の選手がそれぞれに動いて、チームとして機能していないことが原因だプルイティは指摘しています。そのことは次のビデオを観てもあきらかです。

⑤ ハーデンがバックスクリーンをかけているが、セットとして練習しているものではないので、デュラントもどうしていいかわからず、ウエストブルックもスクリーンではなくボールを取りにきたと勘違いしてパスを出してしまっている。ターンオーバー。


またコーチたちのオフェンスの戦術のなさも次のビデオを見るとよくわかります。年間を通してずっとやっているこのスクリーンのパターンですが、一向に機能していません。

⑥ トップの位置でのダブルスクリーン。ミスマッチを作り出したいのだろうが、スクリーンが下手で、イニシャルのディフェンダーについていかれてしまっている。


しかし、選手達にセットオフェンスを走らせる能力がないかというとそうではありません。以下のビデオではきっちりしたディレクションがあれば、選手達はみごとにオフェンスを走らせています。

⑦ ウエストブルックが攻め込みますが、スペーシングがうまくいっているので、他の選手にパスを出す事ができ、最後はアウトサイドからセフォローシャに切り込ませている。


⑧ 最初のスクリーンはみせかけで、デュラントはすぐ2回目のスクリーンをコリソンにかけてもらって、フリーのスペースを作ってもらって攻めている。


必ずしもセットに複雑な動きが必要なわけではありません。単純なものでもうまくいっている例としては次のビデオを見てください。

⑨ ピック&ポップの形から、ポップせずにデュラントが切り込んでいる。他のディフェンスは手前に固まっているので、ダラスはデュラントを止める事ができない。


⑩ 他の選手は棒立ちなのはいただけないが、ウエストブルックを後追いする形でデュラントが切り込んで、パスをもらっている。


ダラス戦ではインサイドの選手を減らしたラインナップ(ウエストブルック、クック/メイナー、ハーデン、デュラント、コリソン)が機能しているように言われていますが、それは違うとプルイティは指摘しています。成功したのはオフェンスが機能したからでなく、シューターがいることでスペーシングがよくなったからで、基本的にオフェンスの問題(ムーブメントのなさとクリエイティビティ)はそのままだとしています。なので、個々の力で得点できればあたかもオフェンスが機能しているかのように思えますが、シュートが決まらなくなるとどうしようもなくなってしまっています。



結局のところ、ウエストブルックがシュートを打ち過ぎとか、デュラントにボールを渡そうとしないとか言われていますが、実際はチームとしてオフェンスを組み立てていないので、最後に仕方なくウエストブルックがシュートを打つ形に終始しているというのがプルイティの結論です。

これに加えて4戦目5戦目では、マリオンなどの証言にもあるように、ダラスはウエストブルックのパスコースをことごとくシャットダウンしていく戦術できていましたから、一層それが目立ったという結果になったのでしょう。そうなるとウエストブルックへの批判というのは、ますます的外れだということになります。

以前、デュラントが記者団に対し、「無理だとは思うけど、記者も観客ももう少しバスケットについて知ってくれていたらと思うよ」と漏らした事がありましたが、こういうことを言っていたのかもしれませんね。

とは言え、このオフシーズンにサンダーに課せられた課題は大きいように思います。来年は一層期待されるでしょうしね。しかし、すでに前のエントリーでも紹介しましたが、選手達が夏の間個人個人でワークアウトするのではなく、何人かで集まって練習することにしているようなので、そういった成果がどうでてくるか楽しみでもあります。

期待しましょう。

JUGEMテーマ:NBA

Exit Interviews(2)

0


    先のエントリー、Exit Interview(1)の続きです。今日になって残りの選手達のインタビューが公開されました。自分は時間がなかったので、パーキンスとGMのプレスティのインタビューをサラッと聞き流しました。

    ■ Exit Interviews: THUNDER VIDEO

    個人的にはパーキンスのインタビューの方が面白かったですね。いくつかいじわるな質問も飛んでいましたが、見た目や朴訥な喋り方以上に賢い人だな、という印象を受けました。彼の発言を思い出しながらいくつか書き出してみると、

    ・メンタルな部分でチームを支えたのはA(優)をもらえると思うが、今期の自分のパフォーマンス自体はD(落第ではないが最低点)。

    ・その理由としては身体が十分でなかったことがある。このオフは体重も265ポンドぐらいに落として、昔の動きができるところ、そして更に上積みができるように頑張りたい。

    ・今週末はゆっくり休むが、明けたらすぐトレーニングに入る。この1年はいろいろあって疲れたが、レギュラーシーズン25試合とプレイオフしか戦っていないから体力的にはまだいける。

    ・夏はみんなのところ、特にロスにいってウエストブルックたちと練習をする予定。おそらく2週間から1ヶ月ぐらいはいることになる。もちろんワシントンでデュラントたちとも合流するつもりだ。イバカに会いにスペインにはいかないと思うけど(笑)。

    と言った話などをしていましたが、また時折、自分の果たすべき役割やチームメイト、コーチなどについても話が及んでいました。

    ・チームは若いとか経験がないとか言われているが、バスケットボールの才能ではダラスのメンバーに負けてはいない。自分のこれまでの経験を振り返っても、これ程優秀なメンバーが揃っているのは初めてだ。負けたのは悔しいが、正直ダラスには力負けしたというよりはうまく出し抜かれた感じだ。

    ・自分は弱みを見せられない。そういう役割をチームからもらっている。若い連中もそれを期待しているし、兄貴分としてその信頼を裏切るような事はできない。

    ・コール(アルドリッジ。サンダーのルーキ)はみんなが思っている以上に活躍できると思う。試合にはほとんど使ってもらえなかったが、練習も一生懸命やるし、左右のベビーフックもなかなかいい。ただ、ブルックスヘッドコーチの方針として、自分がコートに立つに相応しいことを練習の中で証明しなければ使ってもらえないので、信頼を勝ち取る必要がある。

    一方、プレスティの話の中で面白かったのは、今年のドラフトをどうするかという質問への答です。今期は上位の指名権はないわけですが、彼自身はアプローチは変わらないと話していました。一番重要なのは選手の人となりだと言っていましたね。努力をすることで自分の殻を破って成長してきたかとか、チームの哲学にあうとかをまずは見るそうです。チームの中でどういった役割を担うかはそれからだと。

    どこかの会社の人事部長に聞かせたいような話ですね。では、今日はこのぐらいで。

    JUGEMテーマ:NBA

    Exit Interviews(1)

    0


      Exit Interview という言葉をどう日本語に訳せば良いのかわからないけど、まあシーズンが終わったあとの最後の公式インタビューと言えば、感覚的に何となくわかってもらえると思います。今日公式サイトの方に各選手のインタビューがアップされていました。

      ■ Exit Interviews: THUNDER VIDEO

      インタビュー全体を通して、選手自身も少しホッとしたんだなという印象を受けました。デュラントも少し自分らしさが戻っていた感じでしたし、シーズン最後の試合が終わった翌日だというのにもうワークアウトを始めたようなことを言っていました。筋力もつけたいね、とも話してましたし、ダブルチームやトリプルチームに対する対処をビデオを観て研究したいとも話していました。

      今期批判に曝され続けたウエストブルックもリラックスしていました。インタビューの間、ガムをかんだり肩をストレッチしたりとちょっと行儀は悪かったですけど、この夏もまたロスでいつものメンバー(おそらくローズとラブたち)と練習すると言っていましたし、日にちを合わせて他のプレーヤーのところに出かけていって一緒に練習したいと言っていました。デュラントも同じ事言ってましたね。おそらく選手たちの間で話がついているのでしょう。

      一番元気だったのはハーデンですね。シーズン後半の活躍でいかに自信をつけたか感じられました。知らなかったんですが、オールスター以後の数字だけを見ると、控え選手ではリーグトップの得点だったみたいですね。来季もどんな役割を渡されてもそれをこなしていくと話していましたが、デュラントやウエストブルックたちのインタビューを聞いていると、みんなハーデンがスターターに昇格するのを前提に話しているように感じました。

      一方、ブルックスヘッドコーチはいつも通りの落ち着いたインタビューでしたね。時々笑いも出ましたが、相変わらず黙々と来シーズンへの抱負などを話していました。すぐにドラフトなども始まるし、忙しい夏を送る事になるでしょう。

      何か特別新しい発見はなかったけど、時間がある人は御覧になると良いと思います。今年はワールドカップもないし、もしロックアウトがあれば、当分彼らの姿を見る事はできないですからね。そうならないことを祈ります。

      JUGEMテーマ:NBA

      マリオンからウエストブルックへ

      0


        昨日、ウエストブルックに対するチームメートのコメントについて紹介しましたけど、今日はマーベリックスのショーン・マリオンが彼について語っていた記事を見つけたので紹介しようと思います。実際にコートで敵同士として戦った彼は、プレーオフでのウエストブルックのプレイをどう思っているのでしょうか。

        ■ ESPN Dallas/Fort Worth : Shawn Marion: Lay off Russell Westbrook

        彼が第5戦、ウエストブルックが28本とシュートが多かったことについて質問された時の話だそうです。簡単な訳をつけておきますね。

        “He didn’t have any choice but to shoot some of those shots, because we were denying everybody else the ball,” said Marion, the Mavs’ primary defender on Kevin Durant. “When you deny everybody else from catching the ball, he ain’t got no choice but to go one-on-one.

        「そのうちの何本かは彼にはシュートを打つしか選択肢がなかったんだ。なぜなら僕たち他のメンバーにボールを渡せないようにしていたからね」主としてケビン・デュラントのディフェンスについたマリオンは言う。「パスを通させないようにしたら、彼は1対1で勝負を賭けるしかない」

        “Don’t talk bad about that man, because he’s competing out there and he’s playing hard on both ends of the floor. When you deny people from catching the ball, he’s got no choice but to shoot it. Don’t kill him. I don’t like that. He is out there playing hard and competing.”

        「彼の事を批判するのはおかしい。なぜなら彼はコートに立ってオフェンスでもディフェンスでも必死になって戦ってたんだ。味方へのパスを封じられたら、彼はシュートを打つしか手はない。(メディアは)彼を叩くのをやめてほしい。そういうのは好きじゃない。彼は必死で戦っていたんだ」

        言い換えると、マリオンはウエストブルックが28本のシュートを放った事を自分勝手なプレーの結果ではなく、マーベリックスがウエストブルックがそうせざるをえない状況を意図的に作りだした結果だと話してくれているわけです。だから彼への批判はあたらないと。

        コート上での選手のプレイが、彼自身の判断によるものなのか、チームがそのようにプレイをデザインしたのか、またマリオンの言うように相手チームが他のプレイをさせないようにした為の結果なのかというのは、自分のような素人が試合を観ただけではわかりません。でも、こういうふうに相手チームの選手から話を聞くと、なるほどそうだったのか、と思える事がありますね。

        JUGEMテーマ:NBA

        チームメイトからウエストブルックへ

        0


          このプレイオフの期間、散々聞き飽きたのはウエストブルックに対する批判でしょう。いつの頃から始まったのか正確には覚えていませんが、彼の、1)シュート数がデュラントより多い、2)突っ込んでのターンオーバーが多い、と言ったことから始まって、彼のメンタリティやチームメイトやヘッドコーチとの関係まで取りざたされるようになったように思います。

          その批判があたっているのかどうかは、自分にはよくわかりません。プレイ自体の是非は別のエントリーで書きますが、彼のミスでチームが苦しくなった時もあったでしょうが、逆に彼がいたから試合に勝てたこともたくさんあったように思います。

          しかし言えるのは、サンダーのチームメイトはウエストブルックを支持しているということです。彼らは第5戦が終わった後、それぞれ自分たちの彼に対する考えを話しだしました。

          以下はデュラントのインタビューの抜粋と簡訳です。

          “He was great. He was great all year. He’s been a guy that we rely on to be a good point guard, but he scores the ball really well … It’s kind of frustrating to see the kind of criticism he’s been getting because he led us by playing the way he’s been playing now the whole season. That’s what made him an All-Star, second team All-NBA. And it kind of baffles me that people just start to criticize because he’s playing like that now. That’s how he’s been playing all season.

          He got us here as our point guard. We lean on him for that. I thought it wasn’t fair, but I can’t control that, he can’t control that. The one thing about Russell is that he kept playing his game all season no matter what people said. And he did a great job man. I was proud of how he kept his composure and never let it get to him.”

          「彼(=ウエストブルック)は素晴らしかった。一年を通してね。彼にはポイントガードとして頼りにしているんだけど、沢山得点も重ねてくれた。。。 いま彼が受けているような批判を見るのは腹が立つよ。なぜなら彼は今シーズンいまのようなプレイを続けてチームをひっぱってきてくれたんだ。そのことでオールスターにも選ばれたし、オールNBAのセカンドチームにも入った。それがここにきて批判されるというのはちょっと理解できないよ」

          「彼はポイントガードとして我々をここまで連れてきてくれたんだ。僕らは彼を頼りにしている。こんなのはフェアじゃないと思うけど、自分ではどうしようもないし、彼にもどうしようもない。ラッセル(=ウエストブルック)について一つ言えることは、人から何を言われようと今シーズン彼は自分のプレイを続けてきたことだ。そして素晴らしい仕事をした。彼がこんなふうに周りから影響を受けずに黙々と仕事を続けたことを誇りに思うよ」

          しかしそういった批判をあびるのも、彼らが人から注目を浴びるようになったことと、人の期待が高まったということもあるんだと思いますけどね。

          ウエストブルックに対する批判がどのようにヒドかったかについては、パーキンスの談話が面白いです。パーキンスによると、彼が所属したセルティックスがチャンピオンになるそれ以前のボストンでのロンドに対する批判もすごかったけれども、ウエストブルックの批判はそれよりもひどいと言っています。

          "One thing I learned," Perkins said, "is I don't watch ESPN, I don't read the papers, I don't do none of that. I don't even talk basketball with my own wife. Seriously. Because it could break up a locker room, it could break a team. I think Russell handled everything well. One thing about Russell, he's great with adversity. He always kept his head high, he never showed any sign of weakness."

          パーキンスは言う。「(このプレイオフで)1つ学んだ事は、テレビや新聞を見ない事だ。俺はどっちもしない。自分の嫁とさえバスケットの話をしない。マジな話さ。何故ならチームとチームのケミストリーをぶち壊してしまうことになるからだ。ラッセル(ウエストブルック)はほんとよく我慢したと思う。彼について言えるのは、逆境に強いということだ。彼は(何があっても)下を向く事なく、弱さのかけらさえ見せはしない」

          "Russell's [been treated] worse than Rondo. Rondo's lasted a little bit, but Russell lasted for the whole playoffs, no matter if he played good or bad, he was getting criticized about something."

          「ラッセルはロンドよりメディアにひどく扱われている。ロンドもある程度は我慢したけど、ラッセルはプレイオフの期間(メディアを)相手にしなかった。活躍したとかしてないとかにかかわらず、(メディアは)何かを見つけて彼をたたきやがる」

          当のウエストブルック本人はメディアにあまりしゃべらなくなりましたね。「何か言うといろいろ邪推されるからね」と彼も言っています。まあ正しい判断じゃないでしょうか。

          でも、彼を支える仲間がいるということは、彼に伝わっていると思います。きっと彼もこういう仲間がいることを感謝しているのではないでしょうか。

          JUGEMテーマ:NBA


          calendar

          S M T W T F S
            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          2728293031  
          << August 2017 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(1)
            M.Nakazawa
          • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
            f.
          • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
            GoSP
          • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
            GoSP
          • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
            chriscross
          • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
            GoSP
          • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
            biiithiii

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM