フリーエージェントとのワークアウト

1
  • gosp
    2011-06-09 21:29:55



ここしばらくのNBA関連の記事を見ると、ほとんどがファイナルに関するものばかりで、ちょっと飽きてきた感じがしてきましたが、いかがですか。

既にシーズンが終わったサンダーに関する記事はあまり出てこなくなりましたが、ドラフト以外の補強ポイントであるフリーエージェントとのワークアウトが火曜と水曜に行われるという情報を見つけました。

ここに招待されるフリーエージェントは、動向が注目されるようなスタープレーヤーではなく、多少のNBAの経験はあるものの契約が既に切れている選手やD-Leagueでプレイしてきた選手たちです。招待された選手を簡単にリストアップしますと、

ガード : Jerome Dyson、Blake Ahean、Marquez Haynes、Matt Janning
ウイング: Bobby Simmons、DeMaree Carroll、Joe Alexander、Bobby Simmons
ビッグ : Ryan Reid、Latavious Williams、MarquisG ilstrap、Tony Gaffney、
      Arinze Onuaku、Rob Kurz

で、まだ増えるかもしれないとのことです。ReidやWilliamsはサンダーがドラフト指名した選手なのでおなじみですね。Bobby Simmonsなどのベテラン選手もいますし、どんなワークアウトになるのでしょうね。

おそらくは、気に入った選手がいれば、サマーリーグでプレイさせてみることにするのでしょう。来年のロスターに名前が残る選手が出てくるんでしょうかね。楽しみです。

JUGEMテーマ:NBA

マーベリックスから学んだこと

0


    第4Q残り7分。15点のリード。

    自分のホームコートで、こちらのボールボゼッション。相手チームのエースはここまで15点どまり。相手のセンターはファールトラブルで、控えセンターは怪我で退場。

    それでもマーベリックスを甘くみてはいけない、ということをサンダーファンは苦い経験から知っていますが、今日はヒートとヒートのファンも同じ思いを味わったことでしょう。

    それにしても、見事な逆転劇でしたね。これでマーベリックスは心理的にもかなり優位にたったと思います。昨日まではノビツキーの怪我などでもうダラスはダメなんじゃないか、という意見が多かったですけどね。これでシリーズはダラスに向かいますが、もし第3戦をマーベリックスが大勝すれば、流れは一気に傾くような気がします。個人的にはまだヒートがシリーズを制するような気がしますけど、次の試合が重要でしょうね。

    ダラスもホームに戻れば、テリーもストヤコビッチもバレアも調子を上げてくるでしょうし、観客が大騒ぎすれば、笛もダラス寄りになるでしょう。

    ヒートが本当に試されるのはこれからです。

    JUGEMテーマ:NBA

    ハーデン/イバカとの契約延長(来年)

    0


      昨日のエントリーの話の続きです。

      来期のハーデンとイバカとの契約にマックスかそれに近い金額が必要だから、今の内にウエストブルックを放出するかトレードした方がいいという人がいますが、果たしてそうでしょうか。

      個人的な意見かもしれませんが、今の時点で彼らにマックスとかはあり得ない話です。マックス行くのは、人材のいないセンターならともかく、最低でもオールスターに選出されるレベルです。ハーデンは来期は結構やってくれそうな気がしないでもないですけど、それでもいきなりジノビリやコービーを差しおいてオールスターにということは考えにくい。しかも元々SGはNBAで言うと一番層の厚いところで、安い金額でそこそこの選手が取れるので、マックスもらってる選手が少なかったはずです。なので、実際の契約ではかなり金額が抑えられることはハーデンも彼のエージェントもわかっていると思います。

      加えて、ハーデンは現段階ではチームのエースになろうとは考えていないと思います。彼のプレイスタイルは、周りのプレーヤーをうまく使ってチームを機能させていくタイプなので、いわゆるマックスのタイプの選手ではありません。うまく言えませんが、将軍というよりは参謀という感じでしょうか。もちろん個人的にはハーデン大好きなんですけど。

      イバカにいたってはそんなことを考えている人がいる自体が驚きです。身体能力がハンパじゃなくてブロックやリバウンドとかはすごいですけど、基本足りないことだらけ。コート全体が見えてないし、フェイクにはすぐ引っかかる。アサイメントは外す。複雑なプレイはできない。ドリブルはダメ。ポストムーブもない。ロングジャンパーもほぼない。リーダーシップを発揮できるタイプでもない。エキサイティングなプレーヤーだとは思いますが、到底マックスとかマックスに近い契約に相応しい能力はまだ備わっていません。

      もし、既にイバカにコリソンの技術やうまさ、したたかさが備わっているというならマックスもあるかもしれません。それにはまだまだかかるだろうというか、個人的にはおそらくどんなに頑張っても無理じゃないかと思います。やはりバスケットをやってきている年数が全く違いますからね。来年1年でどれだけ伸びるかは楽しみだけど、上に挙げた穴の2つも埋める事ができたら万々歳で、おそらく1つ埋めるのがやっとでしょう。

      労使協定次第のところもあるけれど、おそらくマックスに近い額は今オフにウエストブルックには提示されても、来期にハーデン・イバカに行くとは思えません。もちろんそれなりの額では契約延長するでしょうけどね。

      JUGEMテーマ:NBA

      ウエストブルックとの契約延長

      0


        一昨日書いたエントリーで勝手な予想を書いてみたんですが、調べてみるとメイナーは来期も契約が決まっているんですね(すみません)。既にチームが契約延長のオプションをピックアップしたみたいです。

        ちなみに下に選手のサラリー出てるサイトへのリンクを貼っておきます。ESPNやDaily Thunderなどのサイトにも載っていますけど、こちらの方が詳しいです。

        ■ Hoop Data OKC Cap Space and Salaries Info

        去年アイビーが契約を結んだ時は2年のギャランティだと思っていた(少なくともフォーラムでは、その契約どうよ? みたいな話の流れになっていた)んですけど、これ見ると違ってたんですね。まあ、金額も小さいし練習相手には良いみたいだから、来期も契約すると思います。

        今期のオフでサンダーの将来に一番大きな鍵を握るのは、ドラフトやトレードではなく、ウエストブルックとの契約延長です。彼に対して色んな批判があることも事実ですが、おそらくマックスに近い額は提示されるのではと思われます。その理由を大きく3つ挙げておきましょう。

        1)選手としての実力とポテンシャル
        今更言うまでもないですが、リーグを代表するポイントガードです。今期はオールスターにも選出されましたし、数字的にもMVPのローズにひけをとりません。ディフェンス能力も高い。もし噂されているようにクリス・ポールが来期オフにニックスに移籍でもしたら、ウエスタン・カンファレンスでウエストブルックを越えるポイントガードはいませんからね。そう考えると、普通ならチームは何としても引き止めようとするでしょう。

        加えて、既にオールスターに選ばれるだけの実力はあっても、まだまだ伸びしろが残っているというのも魅力です。彼がもう少しゲームをコントロールことやボールを持たない時の動きを覚えたらどんなことになるか、想像するだけでもワクワクします。

        2)トレードでオールスタークラスの別のポイントガードを獲得できない
        ウエストブルックをトレードした方が良いっていう人がいるみたいですけど、現実問題としてその見返りで彼の能力に相応しいポイントガードを獲得するのはほぼ不可能です。逆に格下のホリディとかフリンとかとプレイすることになったら、今でも偏ったオフェンスがますます苦しくなるでしょう。かと言って、他のポジションも別のスターターが要るわけではありません。来期は、C:パーキンス、PF:イバカ、SF:デュラント、SG:ハーデンでほぼ決まりですから。

        3)フロントオフィスの評価が高い
        結局チームの人事権を持っているのは、サンダーのフロントオフィスです(マスコミやファンの評価とは直接関係ありません)。そのプレスティ自身はウエストブルックのことをかなり高く評価しているようです。下のインタビューの記事なんかを読んでも、その一端が伺えます。

        ■ Daily Thunder Presti on the Westbrook criticism, when he sees the team peaking

        ウエストブルックに欠点がないかと言えば、そんなことはありません。技術面や精神面でも足りないところは山程あります。しかし、それも含めて彼レベルの選手はめったに手に入らないのです。今後チャンピオンシップを争えば争う程、ドラフト上位の指名権獲得は難しくなります。大きなマーケットでもないオクラホマシティは、フリーエージェントがこぞってくるようなところでもありません。そうなると、サンダーには彼以上の選択肢はないのです。

        これらのことから考えると、ウエストブルックにはおそらくマックスに近い額が提示されるはずです。今後労使協定がまとまれば、7月1日の深夜0時に、プレスティはウエストブルックの家の前に立っているでしょう。契約書の書類の束を抱えて。

        JUGEMテーマ:NBA

        来期へ向けての補強

        2
        • gosp
          2011-06-02 14:36:19

        • gosp
          2011-06-02 14:36:16



        チームとしてのシーズンは終わったので、そろそろ来季に向けての補強についての話が挙ってきています。今期のドラフトでサンダーは1巡24番目の指名権を持っているんですけど、どうするつもりなんでしょう。

        有力スポーツ紙やサイトの予想を少しあげておきますと

        スポーツイラストレイティッド ・・・ カイル・シングラー(デューク大、4年)
        ドラフトエクスプレス     ・・・ カイル・シングラー(デューク大、4年)
        ドラフトネット        ・・・ タイラー・ハニーカット(UCLA、2年)

        となっています。チームのワークアウトも結構進んでいて、5月27には6名(Lavoy Allen、Nolan Smith、Andrew Goudelock、Josh Selby、Cory Joseph、Matt Howard)が参加したそうですし、6月1日には2名(Alex Tyus、Mike Davis)が来る予定になっています。ちなみに、この2回に参加する/したメンバーは全員がポイントガードかパワーフォワードです。

        来期に向けてサンダーが求めているのはどんな選手なんでしょうね。個人的には、ハーデンがスターターに昇格した後の控え組の補強が必要じゃないかと思うんですが、ローテーションを9人に戻してしまうという選択肢もあるので何とも言えないところです。プレスティ自身は、能力があってその人となりがチームにフィットするような選手なら別にポジションにはこだわらない、と言っていたので、気に入った選手が入れば取ってもいい、ぐらいのスタンスかもしれません。

        しかも、今年のドラフトは特に不作の年だと言われているので、特別に取りたい選手がいなければ、指名権をトレードするのもありじゃないでしょうか。加えてサンダーには、海外でプレーしている過去の指名選手もいれば、下部組織のタルサでプレーしている選手もいるので、そう考えると労使協定が確定して以降、ベテランで補充というのが現実的な路線かもしれません。

        サンダーの控え選手の扱いについても、微妙ですね。自分の勝手な予想を下に書いておきますが、一番影響があるのは、メイナーに他のチームからどんなオファーがくるかだと思います。

        ネイト  ・・・ 今オフもしくはシーズン途中でトレード
        モハメド ・・・ 値段が折り合えば残留
        クック  ・・・ 微妙。補充ができなければキープだが、その場合でも1年の延長のみ
        マレンズ ・・・ 他チームからの引き合いがなければ、契約終了後放出
        メイナー ・・・ 他のチームからのオファー次第。高額だとそのまま放出

        メイナーとしてもスターターとして取ってくれるところがあれば、もちろんそちらに行きたいでしょうからね。しかし、個人的には彼に他チームからのオファーはないと見ています。ちなみにウエストブルックの契約延長は絶対にオファーします。その金額と年数に満足して彼がサインするかどうかは別問題ですが。

        まあ、結論として言えることがあるとすれば、労使協定のこととかもあって、例年以上に流動的な要素が多すぎて読みにくいということぐらいでしょうか。

        追記:メイナーの契約は既にチームがオプションを選択してたかも? いま手元に資料がないのでわかりませんが、自分が間違っていたかもしれません。そうだったら、ごめんなさい(汗)。

        JUGEMテーマ:NBA


        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(1)
          M.Nakazawa
        • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
          f.
        • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
          GoSP
        • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
          GoSP
        • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
          chriscross
        • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
          GoSP
        • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
          biiithiii

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM