レブロンへの批判

1
  • gosp
    2011-06-11 21:03:26



第4戦でシリーズをタイに戻したマーベリックスが第5戦も勝ちましたね。ようやくバレアにリズムが戻って、チーム全体が機能し始めた感じです。スリーポイントの決定率が68%とかいってしまうと、さすがにヒートに勝ち目はないですよね。最後の2戦はマイアミに戻っての試合になりますが、このままマーベリックスが押し切ってしまうのでしょうか。

このシリーズに入ってからレブロンが激しく非難されているようですけど、どうなんでしょうね。数字だけ見れば今日はトリプルダブル(17ポイント、10リバウンド、10アシスト)を記録しているんですが、第4Qに得点を重ねる事ができずにきていることから、この批判を受けています。彼の精神的な弱さがその原因なのでしょうか。

20年近くNBAを観ていますが、少なくともフィジカルではおそらく最高の選手でしょう。クイックネス、パワー、スキルのどれをとっても一流です。ただ、身体的なものの優劣が勝敗を決定する唯一の条件ではないのも事実で、そういう観点で話をすると、このシリーズでは身体能力で劣るノビツキーの方がクラッチタイムで遥かに活躍しているのは明らかです。

個人的な意見ですが、彼に才能がありすぎて得点以外の色んな形で貢献できるというのも少し足かせになっているような気がします。今日もアシストとかを考えずにずっと突っ込んでいってたら、30点近く取れた可能性はあったと思いますし、批判もかわす事ができたかもしれません。それでヒートが勝てたのかといわれると、それは別問題だとは思いますけど。

もう一つの要因は疲労でしょう。今日はマーベリックスにとって展開は楽で控えの選手も活躍していましたから、キッドもチャンドラーもノビツキーも十分休憩を取っていました。一方レブロンはオフェンス・ディフェンスどちらもフル回転でコートに出ずっぱり。途中ウエイドが怪我で抜けた時間帯があったこともあり、いっぱいいっぱいだったような気がします。

まあ、別にレブロンを擁護する気もないんですが、ウエストブルックの批判といい、やっぱりメディアは必要以上に大きく取り上げますからね。そういった外野の批判に左右される事なく、選手達にはのびのびと良いプレイをしてほしいと思うんですが、どうでしょう。

次の試合は日本時間の月曜日です。

JUGEMテーマ:NBA

デュラント:地元リーグの試合に出場

2
  • gosp
    2011-06-11 21:03:22

  • gosp
    2011-06-11 21:03:18



特別なニュースはないんですけど、デュラントがDCに戻って地元リーグの試合に出場したみたいです。確か去年も出場して50点とか60点とか取ったと聞いた覚えがありますね。正式には George Goodman Basketball League というらしいんですけど、NCAAでプレイしていた選手とか海外のプロとかも参加しているみたいです。デュラントがどんなコンディションで出たのかはわかりませんが、あまりジャンプショットが決まらなくて、レイアップとかダンクを多く打ったみたいです。20分ハーフX2で41点取ったとか。

ただ、場所がアナコスティアって聞いてちょっとビックリ。もともとDCは治安の悪いところだけど、アナコスティアってあまり良い地域じゃなかった記憶があるなあ。まあ自分がDCに住んでたのは15年以上も前なんですけどね。デュラントもボディガードを伴って行っているんでしょうけど。

ドラフト情報としては、Kenneth Fariedが来週ワークアウトに来るそうです。24巡目までには指名されてそうな選手なので、ムーブアップするのかなあ、なんて話もありますが、どうでしょうね。

JUGEMテーマ:NBA

フリーエージェントとのワークアウト

1
  • gosp
    2011-06-09 21:29:55



ここしばらくのNBA関連の記事を見ると、ほとんどがファイナルに関するものばかりで、ちょっと飽きてきた感じがしてきましたが、いかがですか。

既にシーズンが終わったサンダーに関する記事はあまり出てこなくなりましたが、ドラフト以外の補強ポイントであるフリーエージェントとのワークアウトが火曜と水曜に行われるという情報を見つけました。

ここに招待されるフリーエージェントは、動向が注目されるようなスタープレーヤーではなく、多少のNBAの経験はあるものの契約が既に切れている選手やD-Leagueでプレイしてきた選手たちです。招待された選手を簡単にリストアップしますと、

ガード : Jerome Dyson、Blake Ahean、Marquez Haynes、Matt Janning
ウイング: Bobby Simmons、DeMaree Carroll、Joe Alexander、Bobby Simmons
ビッグ : Ryan Reid、Latavious Williams、MarquisG ilstrap、Tony Gaffney、
      Arinze Onuaku、Rob Kurz

で、まだ増えるかもしれないとのことです。ReidやWilliamsはサンダーがドラフト指名した選手なのでおなじみですね。Bobby Simmonsなどのベテラン選手もいますし、どんなワークアウトになるのでしょうね。

おそらくは、気に入った選手がいれば、サマーリーグでプレイさせてみることにするのでしょう。来年のロスターに名前が残る選手が出てくるんでしょうかね。楽しみです。

JUGEMテーマ:NBA

マーベリックスから学んだこと

0


    第4Q残り7分。15点のリード。

    自分のホームコートで、こちらのボールボゼッション。相手チームのエースはここまで15点どまり。相手のセンターはファールトラブルで、控えセンターは怪我で退場。

    それでもマーベリックスを甘くみてはいけない、ということをサンダーファンは苦い経験から知っていますが、今日はヒートとヒートのファンも同じ思いを味わったことでしょう。

    それにしても、見事な逆転劇でしたね。これでマーベリックスは心理的にもかなり優位にたったと思います。昨日まではノビツキーの怪我などでもうダラスはダメなんじゃないか、という意見が多かったですけどね。これでシリーズはダラスに向かいますが、もし第3戦をマーベリックスが大勝すれば、流れは一気に傾くような気がします。個人的にはまだヒートがシリーズを制するような気がしますけど、次の試合が重要でしょうね。

    ダラスもホームに戻れば、テリーもストヤコビッチもバレアも調子を上げてくるでしょうし、観客が大騒ぎすれば、笛もダラス寄りになるでしょう。

    ヒートが本当に試されるのはこれからです。

    JUGEMテーマ:NBA

    来期へ向けての補強

    2
    • gosp
      2011-06-02 14:36:19

    • gosp
      2011-06-02 14:36:16



    チームとしてのシーズンは終わったので、そろそろ来季に向けての補強についての話が挙ってきています。今期のドラフトでサンダーは1巡24番目の指名権を持っているんですけど、どうするつもりなんでしょう。

    有力スポーツ紙やサイトの予想を少しあげておきますと

    スポーツイラストレイティッド ・・・ カイル・シングラー(デューク大、4年)
    ドラフトエクスプレス     ・・・ カイル・シングラー(デューク大、4年)
    ドラフトネット        ・・・ タイラー・ハニーカット(UCLA、2年)

    となっています。チームのワークアウトも結構進んでいて、5月27には6名(Lavoy Allen、Nolan Smith、Andrew Goudelock、Josh Selby、Cory Joseph、Matt Howard)が参加したそうですし、6月1日には2名(Alex Tyus、Mike Davis)が来る予定になっています。ちなみに、この2回に参加する/したメンバーは全員がポイントガードかパワーフォワードです。

    来期に向けてサンダーが求めているのはどんな選手なんでしょうね。個人的には、ハーデンがスターターに昇格した後の控え組の補強が必要じゃないかと思うんですが、ローテーションを9人に戻してしまうという選択肢もあるので何とも言えないところです。プレスティ自身は、能力があってその人となりがチームにフィットするような選手なら別にポジションにはこだわらない、と言っていたので、気に入った選手が入れば取ってもいい、ぐらいのスタンスかもしれません。

    しかも、今年のドラフトは特に不作の年だと言われているので、特別に取りたい選手がいなければ、指名権をトレードするのもありじゃないでしょうか。加えてサンダーには、海外でプレーしている過去の指名選手もいれば、下部組織のタルサでプレーしている選手もいるので、そう考えると労使協定が確定して以降、ベテランで補充というのが現実的な路線かもしれません。

    サンダーの控え選手の扱いについても、微妙ですね。自分の勝手な予想を下に書いておきますが、一番影響があるのは、メイナーに他のチームからどんなオファーがくるかだと思います。

    ネイト  ・・・ 今オフもしくはシーズン途中でトレード
    モハメド ・・・ 値段が折り合えば残留
    クック  ・・・ 微妙。補充ができなければキープだが、その場合でも1年の延長のみ
    マレンズ ・・・ 他チームからの引き合いがなければ、契約終了後放出
    メイナー ・・・ 他のチームからのオファー次第。高額だとそのまま放出

    メイナーとしてもスターターとして取ってくれるところがあれば、もちろんそちらに行きたいでしょうからね。しかし、個人的には彼に他チームからのオファーはないと見ています。ちなみにウエストブルックの契約延長は絶対にオファーします。その金額と年数に満足して彼がサインするかどうかは別問題ですが。

    まあ、結論として言えることがあるとすれば、労使協定のこととかもあって、例年以上に流動的な要素が多すぎて読みにくいということぐらいでしょうか。

    追記:メイナーの契約は既にチームがオプションを選択してたかも? いま手元に資料がないのでわかりませんが、自分が間違っていたかもしれません。そうだったら、ごめんなさい(汗)。

    JUGEMテーマ:NBA


    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(1)
      M.Nakazawa
    • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
      f.
    • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
      GoSP
    • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
      GoSP
    • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
      chriscross
    • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
      GoSP
    • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
      biiithiii

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM