ドラフト直前情報

1
  • gosp
    2011-06-24 00:32:45



週末に書いたジミー・バトラーの翻訳ですが、書いた時にはサンダーには直接関係ないと思っていたんですけど、サンダーがドラフトする可能性があるという噂も出始めたみたいです。ほとんどのドラフト予想では彼は1巡目の終わりから2巡目の初めに指名されるとされていて、24位の指名権では高すぎるという意見があるけど、ワークアウトの評価がいいことと、チャド・フォードの記事による後押しもあるとのこと。わからないもんですね。

個人的にはプレスティが24位で指名するとは考えにくいけど、マレンズかネイトの放出が結構言われているので、もしその見返りとして2巡目のドラフト権が獲得できれば、あり得ない話でもないとは思います。プレスティの好みのタイプ(努力家でずっと成長し続けてきていることや、ディフェンスが強い事など)だけど、さすがに1巡目ではないと思いますけどね。

結局のところ、24位の指名で何を求めるかだと思います。このあたりの順位の指名では、即ローテーションというプレイヤーはなかなか望む事ができませんから

1)将来有望なユーロリーグの選手などを指名して、数年待つ
2)大学で3−4年プレイした選手(伸びしろは少ないが、スキルなどはある程度完成している選手)を指名して、控えで使えるかどうかみる。
3)ある特定のスキルに特化した選手(スリーポイント、リバウンド、ブロックなど)を指名して、スポットで使う
4)若くて伸びそうな選手を指名してDリーグで育てる。

のどれかになるような気がします。どれを選択するかはプレスティ次第ですけど。

彼の性格から考えて、どうしても欲しい選手がいればマレンズやネイトその他(メイナー?)を放出しても取りにいくと思います。そうでない場合は、若くて伸びそうな選手を指名するような気もします。既に来期のローテーションはほぼ固まっているので、何年か先を見越した選択もありそうです。

もう1つ気になっているのは、今年のチームのワークアウトに呼んだ選手が少ない事です。噂ではボストンのレジー・ジャクソンかデュークのカイル・シングラーと話がついているんじゃないか(24巡目の時までに指名されていなかったら必ず指名するというような約束)ということも言われています。特にレジー・ジャクソンは怪我をしてから残り全てのワークアウトをキャンセルしたので、そう言う人も多いです。

ここにきてトニー・パーカーやバイナムのトレード話も浮上してきたし、ボブキャッツやキングス、ティンバーウルブズがドラフト指名権と引き換えにベテランを探しているという話も加速してきています。どうなるんでしょうね。

明日のドラフトが楽しみです。

追記:一昨日ジミー・バトラーのインタビューを見ましたが、彼自身、映画「しあわせの隠れ場所」と彼の生い立ちの話が似ている事を話していたね。お母さんのミシェルさんとも「まるで僕たちの話と一緒だね」と笑って話したと言っていました。

おそらくディズニーは映画化権を買うでしょう(笑)。

追記2:ここにきてプレスティはメイナーを使ってドラフト指名権(10位以内)を獲得しようとしているみたいですね。チャド・フォードはバランチュナスだって言っているけど、ほんとに誰を狙っているんだろう。もしかしてトニー・パーカーとか(ないよねえ)。

JUGEMテーマ:NBA

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(1)
    M.Nakazawa
  • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
    f.
  • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
    GoSP
  • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
    GoSP
  • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
    chriscross
  • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
    GoSP
  • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
    biiithiii

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM