来期へ向けての補強

2
  • gosp
    2011-06-02 14:36:19

  • gosp
    2011-06-02 14:36:16



チームとしてのシーズンは終わったので、そろそろ来季に向けての補強についての話が挙ってきています。今期のドラフトでサンダーは1巡24番目の指名権を持っているんですけど、どうするつもりなんでしょう。

有力スポーツ紙やサイトの予想を少しあげておきますと

スポーツイラストレイティッド ・・・ カイル・シングラー(デューク大、4年)
ドラフトエクスプレス     ・・・ カイル・シングラー(デューク大、4年)
ドラフトネット        ・・・ タイラー・ハニーカット(UCLA、2年)

となっています。チームのワークアウトも結構進んでいて、5月27には6名(Lavoy Allen、Nolan Smith、Andrew Goudelock、Josh Selby、Cory Joseph、Matt Howard)が参加したそうですし、6月1日には2名(Alex Tyus、Mike Davis)が来る予定になっています。ちなみに、この2回に参加する/したメンバーは全員がポイントガードかパワーフォワードです。

来期に向けてサンダーが求めているのはどんな選手なんでしょうね。個人的には、ハーデンがスターターに昇格した後の控え組の補強が必要じゃないかと思うんですが、ローテーションを9人に戻してしまうという選択肢もあるので何とも言えないところです。プレスティ自身は、能力があってその人となりがチームにフィットするような選手なら別にポジションにはこだわらない、と言っていたので、気に入った選手が入れば取ってもいい、ぐらいのスタンスかもしれません。

しかも、今年のドラフトは特に不作の年だと言われているので、特別に取りたい選手がいなければ、指名権をトレードするのもありじゃないでしょうか。加えてサンダーには、海外でプレーしている過去の指名選手もいれば、下部組織のタルサでプレーしている選手もいるので、そう考えると労使協定が確定して以降、ベテランで補充というのが現実的な路線かもしれません。

サンダーの控え選手の扱いについても、微妙ですね。自分の勝手な予想を下に書いておきますが、一番影響があるのは、メイナーに他のチームからどんなオファーがくるかだと思います。

ネイト  ・・・ 今オフもしくはシーズン途中でトレード
モハメド ・・・ 値段が折り合えば残留
クック  ・・・ 微妙。補充ができなければキープだが、その場合でも1年の延長のみ
マレンズ ・・・ 他チームからの引き合いがなければ、契約終了後放出
メイナー ・・・ 他のチームからのオファー次第。高額だとそのまま放出

メイナーとしてもスターターとして取ってくれるところがあれば、もちろんそちらに行きたいでしょうからね。しかし、個人的には彼に他チームからのオファーはないと見ています。ちなみにウエストブルックの契約延長は絶対にオファーします。その金額と年数に満足して彼がサインするかどうかは別問題ですが。

まあ、結論として言えることがあるとすれば、労使協定のこととかもあって、例年以上に流動的な要素が多すぎて読みにくいということぐらいでしょうか。

追記:メイナーの契約は既にチームがオプションを選択してたかも? いま手元に資料がないのでわかりませんが、自分が間違っていたかもしれません。そうだったら、ごめんなさい(汗)。

JUGEMテーマ:NBA

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(1)
    M.Nakazawa
  • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
    f.
  • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
    GoSP
  • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
    GoSP
  • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
    chriscross
  • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
    GoSP
  • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
    biiithiii

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM