Exit Interviews(1)

0


    Exit Interview という言葉をどう日本語に訳せば良いのかわからないけど、まあシーズンが終わったあとの最後の公式インタビューと言えば、感覚的に何となくわかってもらえると思います。今日公式サイトの方に各選手のインタビューがアップされていました。

    ■ Exit Interviews: THUNDER VIDEO

    インタビュー全体を通して、選手自身も少しホッとしたんだなという印象を受けました。デュラントも少し自分らしさが戻っていた感じでしたし、シーズン最後の試合が終わった翌日だというのにもうワークアウトを始めたようなことを言っていました。筋力もつけたいね、とも話してましたし、ダブルチームやトリプルチームに対する対処をビデオを観て研究したいとも話していました。

    今期批判に曝され続けたウエストブルックもリラックスしていました。インタビューの間、ガムをかんだり肩をストレッチしたりとちょっと行儀は悪かったですけど、この夏もまたロスでいつものメンバー(おそらくローズとラブたち)と練習すると言っていましたし、日にちを合わせて他のプレーヤーのところに出かけていって一緒に練習したいと言っていました。デュラントも同じ事言ってましたね。おそらく選手たちの間で話がついているのでしょう。

    一番元気だったのはハーデンですね。シーズン後半の活躍でいかに自信をつけたか感じられました。知らなかったんですが、オールスター以後の数字だけを見ると、控え選手ではリーグトップの得点だったみたいですね。来季もどんな役割を渡されてもそれをこなしていくと話していましたが、デュラントやウエストブルックたちのインタビューを聞いていると、みんなハーデンがスターターに昇格するのを前提に話しているように感じました。

    一方、ブルックスヘッドコーチはいつも通りの落ち着いたインタビューでしたね。時々笑いも出ましたが、相変わらず黙々と来シーズンへの抱負などを話していました。すぐにドラフトなども始まるし、忙しい夏を送る事になるでしょう。

    何か特別新しい発見はなかったけど、時間がある人は御覧になると良いと思います。今年はワールドカップもないし、もしロックアウトがあれば、当分彼らの姿を見る事はできないですからね。そうならないことを祈ります。

    JUGEMテーマ:NBA

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(1)
      M.Nakazawa
    • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
      f.
    • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
      GoSP
    • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
      GoSP
    • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
      chriscross
    • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
      GoSP
    • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
      biiithiii

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM