5月26日:試合結果(WCF第5戦)

1
  • gosp
    2011-05-26 20:59:21



BOX SCORE

ダラスとの第5戦、かなりチャンスは作ったと思うのですが、結局終盤決めきれずに負けてしまいました。今日はオフィシャルがかなりダラス寄りだったというのもあったような気がしますが、ホームコートで戦うとそういうことは普通にありますから仕方ないでしょう。ですが、負けたどの試合も勝てるチャンスがあったと思えることが、悔しさを増しているように思います。

前半デュラントは歯をくいしばってプレーをしていましたが、後半ディフェンスでマリオンにいいようにあしらわれると、顔がひきつっていました。身体全体からも覇気が感じられず、第4Q、得点もあげましたが、どちらかというと影が薄かったです。試合終了後は吐きそうになっていましたし、精神的にかなり辛かったのでしょう。この経験を糧にこれからもっと成長してふてぶてしくなってほしいものです。

おそらくこのシリーズ、彼にとって一番苦しかったのはファールを取ってもらえなかったことのように思います。彼はどうしてもボリュームを打つ中で調子を上げていくので、フリースローをもらってたくさん打ちながら試合の中でシュートの精度をあげていくという彼のパターンができなかったように思います。

途中からハーデンがボールをコントロールしてウエストブルックが切れ込むような形が何回がありましたが、ダラスのディフェンスが全くついていけずにいい形で得点できていました。来期の補強次第だと思いますが、ハーデンがスターターにあがってきたらこういう形も作っていけると思いますし、ウエストブルックもこのような形で決められるようになると、それを自分がポイントでセフォローシャとのコンビやってみたりできるようになるのではと思います。

しかし何よりも素晴らしいシーズンでした。多くのアップダウンもありましたが、シーズン当初の多くの予想を裏切ってカンファレンスファイナルに進んでくれましたし、このプレーオフでもダラス戦だけでなくデンバー戦、メンフィス戦で経験を積み成長してくれました。ロイスもまずレビューでそのことを書いています。

■ Daily Thunder: Thunder up: OKC’s season ends in Dallas, 100-96

今日の試合では、第4Qのラインアップでブルックスヘッドコーチが叩かれているみたいですけど、正直自分はあまり違和感なかったです。既にファールがリミットにきていたのとチャンドラーが既にファールを4つもらっていたので、ノビツキーにはコリソン、マリオンにはデュラントをつけて、ウエストブルック・ハーデン・メイナーの三人のスピードで勝負する形を取りたかったのでしょう。イバカだとすぐファールをもらってしまうし、パーキンスだと遅すぎますからね。ただ、上にも書きましたが、今日はデュラントがディフェンスで貢献できていなかったのが一番痛かった。とはいっても、デュラントを下げる訳にはいきませんからね。

しかし色んな批判が出る中で、John Hollingerはこういった苦しい経験こそが、最後の難関を越える時の助けになるのではないかと言っています。

■ John Hollinger: OKC's rising talent falls to savvy vets

サンダーがまたカンファレンスファイナルに戻って来れるかはわからないですけど、Hollingerの言うように、そのチャンスはきっとあると信じたいですね。

それはともかく、今期のプレーオフ、ダラスは本当に強いですね。ヒート(おそらく勝ち上がってくるでしょう)はインサイドのディフェンスはいいと思いますが、ダラスのように外からの攻撃が強力だと苦労するでしょう。レブロン・ボッシュは強力ですが、ノビツキー・マリオンもそれほどひけを取らないでしょうし、センターはチャンドラーがアンソニーを一蹴するでしょう。ヒートはウエイドがキーになると思いますが、ダラスは控えが厚いですし、いいシリーズになると思います。まあ、自分は見ないと思いますけど(笑)。

サンダーはおそらく例年通りシーズンを終えてのフロントとの面談をした後、オフシーズンに入ります。6月にはドラフトもありますし、どんな補強をするのか楽しみですね。またクックやモハメドとの契約、ネイトをどうするかもプレスティらフロントオフィスは考えないと行けないところでしょう。そもそもCBAがまとまらなければロックアウトもありえますし、ファンにとってはやきもきするところです。

今日の締めくくりに、SIのChris Mannixの記事を引用したいと思います。サンダーの元気な姿をまた早く見たいですね。

"These things will come. Some with time, some with work. The Thunder went back to Oklahoma City losers on Wednesday night. But it won't be long before they return as winners."

「これら(=サンダーに欠けているもの)はいつか埋められるだろう。時間が解決してくれるものもあるだろうし、努力をがもたらしてくるものもあるだろう。サンダーはこの水曜の夜、敗者としてオクラホマシティに帰っていった。しかし、彼らが勝者として戻る日はそう遠くない」

JUGEMテーマ:NBA

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(1)
    M.Nakazawa
  • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
    f.
  • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
    GoSP
  • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
    GoSP
  • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
    chriscross
  • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
    GoSP
  • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
    biiithiii

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM