NBAPLAYBOOK.COMの記事から

1
  • gosp
    2011-06-02 14:36:24



シーズンも終わってしまい、サンダーに関して書く事が無くなってきました。もともと今期のプレーオフの応援のために期間限定で立ち上げたのでそれでいいのだと思っていますが、これまでに書きかけたものの時間がなくてまとめきれなかった記事が残っていますので、そのうちのいくつかについて順次紹介していきたいと思います。

ロイスなども取り上げていましたが、ダラスとの第3戦の敗戦のあと、NBAPLAYBOOK.COMのSebastian Pruiti(おそらくプルイティと発音するのだと思います)の書いた記事が話題になっていました。結構色んなサイトで取り上げられていたので、既に読まれた方もいらっしゃるかもしれません。内容について簡単な説明もつけましたので参考にしてください。

Oklahoma City’s Offense And The Lack Of Creativity/Movement by Sebastian Pruiti

以前からウエストブルックが一人でボールを持ちすぎて、オフェンスが機能していないといったことが良く言われていましたが、プルイティは彼よりもブルックスヘッドコーチたちの責任が大きいとしています。それらの理由をYouTubeにアップしたダラスとの第3戦のビデオを分析しながら説明しているというのがこの記事の概要です。

記事のタイトルでも見て取れますが、プルイティはサンダーのオフェンスに欠けているもの、それはムーブメントとクリエイティビティだとしています。確かにデュラントにしてもウエストブルックにしても、個人の能力がずば抜けているので、その個人技に頼ったプレーが多いのは確かです。しかし、プレーオフなどでは相手チームもそれに特化したディフェンスをひいてきますから、他の選手達のヘルプ(スクリーンやスペーシング)がないと効果的な攻撃はできませんし、他の選手にボールが渡される心配がないとわかれば、ディフェンスはボールを持った選手だけに集中すればいいので非常に守りやすくなります。プルイティの記事の最初の4つのビデオはその例です。

① 周りの選手達が棒立ちしている上に、最後のハーデンへのパスもハーデンが切り込んでくる心配がないので、マリオンは安心してスティールにいっている。


② デュラントのかけた最初のスクリーンが失敗。そのあとパーキンスとのスクリーンもかけられないと、周りは棒立ちで、仕方なくウエストブルックはジャンプショットを選択、外してしまう。


③ ここでも最初のトップでのスクリーンがうまくいかないと、みなあとは棒立ち。デュラントにパスを出すも遠すぎるため、エルボーあたりまでしか切り込む事ができない。


④ デュラントが切り込もうとしているところへ、セフォローシャが飛び込んでスペースをつぶしてしまっている。


これらはオフェンス全体としてどう動かしていくかというコーチからのインプットがなく、個々の選手がそれぞれに動いて、チームとして機能していないことが原因だプルイティは指摘しています。そのことは次のビデオを観てもあきらかです。

⑤ ハーデンがバックスクリーンをかけているが、セットとして練習しているものではないので、デュラントもどうしていいかわからず、ウエストブルックもスクリーンではなくボールを取りにきたと勘違いしてパスを出してしまっている。ターンオーバー。


またコーチたちのオフェンスの戦術のなさも次のビデオを見るとよくわかります。年間を通してずっとやっているこのスクリーンのパターンですが、一向に機能していません。

⑥ トップの位置でのダブルスクリーン。ミスマッチを作り出したいのだろうが、スクリーンが下手で、イニシャルのディフェンダーについていかれてしまっている。


しかし、選手達にセットオフェンスを走らせる能力がないかというとそうではありません。以下のビデオではきっちりしたディレクションがあれば、選手達はみごとにオフェンスを走らせています。

⑦ ウエストブルックが攻め込みますが、スペーシングがうまくいっているので、他の選手にパスを出す事ができ、最後はアウトサイドからセフォローシャに切り込ませている。


⑧ 最初のスクリーンはみせかけで、デュラントはすぐ2回目のスクリーンをコリソンにかけてもらって、フリーのスペースを作ってもらって攻めている。


必ずしもセットに複雑な動きが必要なわけではありません。単純なものでもうまくいっている例としては次のビデオを見てください。

⑨ ピック&ポップの形から、ポップせずにデュラントが切り込んでいる。他のディフェンスは手前に固まっているので、ダラスはデュラントを止める事ができない。


⑩ 他の選手は棒立ちなのはいただけないが、ウエストブルックを後追いする形でデュラントが切り込んで、パスをもらっている。


ダラス戦ではインサイドの選手を減らしたラインナップ(ウエストブルック、クック/メイナー、ハーデン、デュラント、コリソン)が機能しているように言われていますが、それは違うとプルイティは指摘しています。成功したのはオフェンスが機能したからでなく、シューターがいることでスペーシングがよくなったからで、基本的にオフェンスの問題(ムーブメントのなさとクリエイティビティ)はそのままだとしています。なので、個々の力で得点できればあたかもオフェンスが機能しているかのように思えますが、シュートが決まらなくなるとどうしようもなくなってしまっています。



結局のところ、ウエストブルックがシュートを打ち過ぎとか、デュラントにボールを渡そうとしないとか言われていますが、実際はチームとしてオフェンスを組み立てていないので、最後に仕方なくウエストブルックがシュートを打つ形に終始しているというのがプルイティの結論です。

これに加えて4戦目5戦目では、マリオンなどの証言にもあるように、ダラスはウエストブルックのパスコースをことごとくシャットダウンしていく戦術できていましたから、一層それが目立ったという結果になったのでしょう。そうなるとウエストブルックへの批判というのは、ますます的外れだということになります。

以前、デュラントが記者団に対し、「無理だとは思うけど、記者も観客ももう少しバスケットについて知ってくれていたらと思うよ」と漏らした事がありましたが、こういうことを言っていたのかもしれませんね。

とは言え、このオフシーズンにサンダーに課せられた課題は大きいように思います。来年は一層期待されるでしょうしね。しかし、すでに前のエントリーでも紹介しましたが、選手達が夏の間個人個人でワークアウトするのではなく、何人かで集まって練習することにしているようなので、そういった成果がどうでてくるか楽しみでもあります。

期待しましょう。

JUGEMテーマ:NBA

コメント
こんにちわ。はじめまして。
日本語でサンダーを応援するブログがあったとは!
なかなか見つからないので嬉しいです。
一つ残念なのは、プレイオフ中にたどり着けなかったことでしょうか。

記事を過去にさかのぼって読んでいる最中なのですが、
印象深かったのはショーン・マリオンのインタビュー。
読んでから5戦目を見直すと、違った内容に見えてきました。

私は英語さっぱりで、ヘッドラインのタイトルだけ見て、
なんとなくこの話題かな、と解釈するぐらいしか出来ないので
こういう記事をアップしてもらうのは、すごくありがたいです。

期間限定…ということは記事も削除してしまうんでしょうか?
ちょっと寂しいです。

しかし今の段階でも、軽い英語アレルギーの身からすると
大変助かりますので感謝の意を表したいと思います。

まだまだ、このあとの記事も楽しみにしております。
では失礼します。
  • biiithiii
  • 2011/05/31 4:20 PM
コメントありがとうございます。

今期はカンファレンス・ファイナルまで残ったのでサンダーの試合を見た人も多かったと思いますが、まだまだマイナーなチームですからね。日本語サンダーを応援しているブログもちょこちょこっとあるみたいですけど、大きなコミュニティになっているところはないみたいです。

自分もいま仕事が空いたのでエントリーを書いたりしてますすが、来月からはそうもいかなくなるので、大きな動きがないかぎりは放置することになりそうです。サイト自体は閉じる予定はないですけど。

まあ、ボチボチやっていこうと思ってますんで、暇な時にでもちょこちょこっと覗いてやってくださいね。お願いします。
  • GoSP
  • 2011/05/31 8:19 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(1)
    M.Nakazawa
  • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
    f.
  • しあわせの隠れ場所:ジミー・バトラーの場合(2)
    GoSP
  • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
    GoSP
  • ハーデン/イバカとの契約延長(来年)
    chriscross
  • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
    GoSP
  • NBAPLAYBOOK.COMの記事から
    biiithiii

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM